体臭を予防する食生活


体臭を防ぐためのスプレーや拭き取りシートなどがありますが、これらでは根本的な解決になりません。匂いでごまかすタイプのデオドランド製品は、体臭と混ざって変な臭いになってしまうこともあります。

汗や皮脂が臭う場合は食生活が関係していることがあります。体臭をきつくする食生活には油の摂りずぎとタンパク質の摂りすぎがあります。

脂肪分を過剰に摂取すると皮脂の分泌量が増えます。皮脂の分泌量が増えるということは、臭いの原因物質が増えるということです。皮脂が酸化されると嫌な臭いになります。

まずは皮脂の過剰な分泌を抑えるために脂肪の過剰摂取を控えることが大切です。肉類や乳製品に多く含まれる飽和脂肪酸は、皮脂の分泌を活発にしやすいので控えましょう。揚げ物、スナック菓子なども油が多く皮脂分泌を活発にします。

人間には酸化を抑える力が備わっていますが、年齢とともにその力が衰えて皮脂が酸化しやすくなります。皮脂の酸化を抑えてくれるのが、野菜や果物に含まれている抗酸化成分です。かぼちゃや人参に多いβカロテン、トマトのリコピン、ブルーベリーのアントシアニンなどがあります。緑黄色野菜に多く含まれています。肉類や油っぽいものを食べるときは、抗酸化作用がある野菜を2倍の量食べると体臭予防に効果的です。

ビタミンB2には脂質の代謝を助ける働きがあります。ビタミンB2が多く含まれている食品は、納豆、レバー、ししゃも、卵などです。

タンパク質の摂りすぎは腸内環境を悪化させます。腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が棲みついており、悪玉菌がタンパク質を好み、タンパク質をもとに繁殖します。腸内環境が悪くなると便の臭いがきつくなるだけでなく、臭い物質が腸壁から吸収されて血液に入りこみ、全身を巡って汗や呼気などとして排泄されます。

タンパク質の中でも悪玉菌が好むものは肉類です。魚や大豆製品からタンパク質を摂るとよいでしょう。1食あたりの目安量は手のひら一枚分です。

腸内環境をよくすることでも体臭が軽減されます。食物繊維、発酵食品、オリゴ糖が腸内環境をよくします。

口が臭い場合も腸内環境は深く関係しています。口臭は口内環境が悪い場合もあるのですが、それよりも体内から出た悪臭が口から出てくることが多いので、食生活を改善して気になるニオイを解消していくようにしましょう。

疲労の原因は食べ物にあるかも。腸内環境も整えよう

生活をしていくうえで、いつもと同じように暮らしているのにいつも以上に疲れてしまうというときがあるかもしれません。そういうときはビタミン剤やサプリを飲んで補うという人も多いと思います。
しかし、それは基本的な解決にはなっていません。
疲労というものは体や心に蓄積されていくものです。ですから本来であれば疲労を感じる前に対処しなければならないのですがそれは難しいと思います。
まず、疲労を感じるのは食生活が乱れているときが多いです。
食生活の乱れは油ものばかり摂取していたり、炭水化物を摂取していないときなどに多いのです。特にダイエットをされている方で多いのは白米抜き炭水化物を摂取しないダイエットを行っている人が多いです。この場合は特に疲労を感じやすいです。
炭水化物というのは体に必要なものですので、これが体に入ってこないことによって不調をきたしてしまいます。
不調になるものの、それが表面に出てくるまで時間がかかります。表面に出てきてからでは先述のとおり、遅いのですが、気づいたときからは白米を摂取するようにし、ダイエットを中断すべきなのです。
そして別のタイプのダイエットを行うのです。炭水化物を摂取しないダイエットは一生続けることができるものではありません。
また疲労に効くような食べ物を定期的に摂取するのがよいでしょう。たとえばにんにくなど一番簡単に摂取しやすいと思います。にんにくを豚肉で炒めて食べたりして、体が疲労する前に対処してあげるのです。体から悲鳴が出てからでは遅すぎます。
そしてカリウムも大事です。カリウムはわかめで簡単に摂取できますから、わかめの味噌汁を定期的に飲んだりサラダにして食べることが重要です。
人間の食生活というものは疲労に直結しています。ですから少し考えるとわかるのですが、自分が最近摂取していないもの、に疲労を取り除いてくれるものが多く入っているときがあります。
健康的な食生活で偏った食生活をおくらなければ疲労もたまらないようになります。

あとは腸を整えるっていうのも大事ですよね。食生活に気をつけていれば、おのずと腸内環境も良くなるとは思うのですが、善玉菌であるビフィズス菌だけは特別に意識しないと摂ることができないので注意が必要。普通の食べ物には入ってないですからね。ビフィズス菌で腸内環境を整えるためには、ビフィズス菌のサプリだったり、配合されてるヨーグルトを食べないとダメなんですよね。

贈り物に誠意をつめる

先日、同僚女性と話していた時に贈り物の話題になりました。お友達ではなくて、社交関係の贈り物選びの話です。さほど家庭環境をよく知らない方に贈り物をするのだけど、何がいいだろうということでした。

お歳暮やお中元などの贈り物同様、難しい問題だと思います。無難に「どの年齢層にも受けそうな、保存のきく食べ物だとか」「あるいは使い切ってしまえる石けんなどの日用品はどう?」と話していました。「じゃあ、逆にもらって困るものは何かしら?」と彼女は聞きます。

頭を捻って、インスタントコーヒーの詰め合わせをもらった時のことを話しました。私と家族がコーヒー好きだ、と知った人からいただいたのですが、運が悪いことに苦手なメーカーのものだったのです。精一杯の好意を示そうとして、それが裏目に出てしまった例です。

「それでも、そのコーヒーを好きな知人の所で使ってもらえたからいいのだけど…」そういうと同僚は、「そうだね。結局、贈り物って賭ける所があるのかも。誠意を見せることができればいのかな…。」確かに、模範解答の出ない難しい問題だ、と私自身も思いました。

大好きな「ワイン」と「しじみ」のこと

0131麦酒や日本酒、カクテルもいいですが私はやはりワインが好きです。だから、飲みに行くとしたら美味しいワインが飲めるバーが最高です。おつまみには味の濃いサラミやチーズなどがあれば、言うことありませんね。ちなみに、今度友達に素敵なワインバーに連れていってもらえることになったので、今から楽しみです。

特に好きなワインは、さっぱりした白ワインです。種類で言えば、ドイツやフランスのアルザス地方名産のリースリング種がお気に入りです。フルーティーな香りとほのかな甘みがとても美味しいワインです。お刺身や焼き魚など、魚料理によく合います。個人的には、ホタテのバター焼きに合わせるのが大好きです。

基本的には白ワイン派ですが、たまに赤ワインが無性に飲みたくなることもあります。以前は独特の渋みが苦手だったのですが、友達の家でデキャンタージュした赤ワインを飲んだらとてもマイルドで飲みやすく、それ以来赤ワインもいいなと思えるようになりました。通販でデキャンタージュの道具を購入し、飲む前に使っています。赤ワインに合わせる料理は、ステーキや焼き肉などやっぱり肉料理です。友達とにぎやかにホットプレートで肉を焼きながら飲む赤ワインが最高です。

あと、全然違うんですが、しじみが好きなんです。なんでか分かりませんが、我が家ではしじみがよく出てきて食べていたんです。今は昔ほどは食べなくなっているんですが、それの影響か今でもしじみが恋しくてたまらなくなるときがあります(笑)そこで健康面のことも考えて、しじみのエキスのサプリメントを飲むようにしてみたんです。そしたら、なんだかそのしじみが恋しくなる欲求がなくなったんです。もしかしたらしじみの成分を体が欲していたのかもしれませんね。

健康のために毎日歩いています。

私は健康のために歩くことを日課としています。
歩くことは健康の代表的な運動で、行っている人も多いようです。
夕方は特に歩いている人をよく見かけます

冬になると、私が住んでいる地域では雪が降ります。
そこで、道路は圧雪状態になり、雪の上を踏みしめて歩くことになります。

これが意外と足に力がかかり、冬のシーズンの最初の頃は、足は筋肉痛になっていました。
しかし、何日か歩いていると、それもだんだん慣れてきます。

意外と冬は道が悪い分、同じ距離を歩いていても、足が鍛えられるようです。
砂浜を歩くと、足に力が要りますが、それに似たような感じがあります。

冬は天気が悪い日が多く、晴れに日はあまりありません。
しかし、晴れた日の雪道を歩くことは、とても気持ちが良いものです。

そのため、ついつい遠出をしてしまいます。
冬になるとどうしても行動範囲が狭くなってしまいます。
しかし、晴れた日を狙って、なるべく遠出をするようにしています。

遠出をした日は、かなり歩くので、帰宅後も足が痛くなることがあります。
時々足がつることがあるので、たくさん歩いた後は、よくマッサージをするようにしています。

雪道はもうしばらく続きますが、これからも楽しみながら歩きたいと思っています。

26e8524da89609670abcbbc37a343268_s